Browse By

やしきたかじん死去!偲ぶ会は?結婚相手は?聖路加、ほしのあきって?総資産は?【動画】


 

waf14010722560038-p1歌手やテレビ司会者として人気のタレント、やしきたかじん(本名・家鋪隆仁=やしき・たかじん)さんが3日、死去した。64歳。昨年3月、食道がんの治療に伴う休養から1年2カ月ぶりに復帰したが、その後再び体調不良を理由に休養していた。

やしきさんは、京都を拠点にシンガーソングライターとして活動を開始し、昭和51年に「ゆめいらんかね」などで本格デビュー。59年の「あんた」、61年の「やっぱ好きやねん」がヒット、脚光を浴びた。

また、機転の速さと歯に衣きせぬ発言からテレビやラジオ番組で活躍。出演番組はいずれも注目が高くなることから〝浪花の視聴率男〟の異名をとった。現在も関西テレビ系「たかじん胸いっぱい」、読売テレビ系「たかじんのそこまで言って委員会」、テレビ大阪系「たかじんNOマネー」のレギュラー番組を持つ。

一方で、民間団体「OSAKAあかるクラブ」の理事長として大阪復権へ向けた支援活動に携わったほか、テレビ番組への出演を通じて親交があった橋下徹大阪市長の政界進出を後押ししたことでも知られた。

やしきさんは、平成24年1月に食道がんと診断を受け、同月末からすべての芸能活動を休止。4月に内視鏡手術を受けた後、昨年3月に芸能活動を再開したが、5月に体調不良を訴え、再び休養し治療にあたっていた。

(産経ニュースより引用)

 

既に葬儀などは近親者で行ったとのことです。

 

しかし、今年に入って一番のニュースではないでしょうか。

関西人の私にとってはかなり衝撃的です。

関東の人にこの衝撃を伝えるとすると、

みのさんや徳光さんが亡くなるのと同じくらいのコトです。

 

また、たかじんさんについて

・偲ぶ会

・結婚相手

・聖路加

・ほしのあき

などが検索されているようなので、

それらについて調べてみました。

 

スポンサードリンク

 

たかじんの偲ぶ会は?

 

0c4e0001

 

たかじんさんが亡くなってからすでに数日経過しており、

葬儀も行ったとのことですが、偲ぶ会の予定はあるのでしょうか?

 

公式HPには以下のような発表がありました。

takajin140107

現在、公式に「偲ぶ会」を執り行う予定はないようです。

年始ということもあってか、しばらく時間を置いて

正式発表を待つしかありませんね。

 

たかじんさんが亡くなった病院は、聖路加看護大学附属病院でした。

 

友人達と飲みに行く事が多かったたかじんさんの事ですから、

きっと偲ぶ会が行われた時は、盛大になるのでしょうね。

 

3度目の結婚相手は?

 

takajin

たかじんさんは昨年の秋に交際中の女性(32)と結婚していたようです。

 

晩年は、たかじんさんを手厚く介抱していたという奥さん。

昨年テレビに復帰できたのも、奥さんが献身的な支えがあったからだそうです。

 

ほしのあきとはどういう関係?

 

001

 

こちらは入院前の画像。

ほしのあきさんと仲良さそうに腕を組んでいますが、

まぁ、勘の良い方なら既にお分かりですよね?笑

 

「そういう関係」だった、と噂されていますよね。

 

ほしのあきさんがペニーオークション詐欺で芸能活動を休止した際、

芸能界の早期復帰に絡んでいたのが、やしきたかじんさんだとの噂。

news158341_pho02

 

ほしのあきさんがまだ売れていなかった頃、

たかじんさんの番組に出て一躍ブレイクしたほしのあきさん。

 

きっとたかじんさんは自分が育ててあげた感が強く、

ほしのさんを誰よりも可愛がっていたのでしょうね。

 

 

ちなみに…

たかじんさんの資産は「3,000億円」あると言われ、

食道がんのために療養していた際に儲けた、と暴露していました。

 

療養から復帰した3月の「たかじんのそこまで言って委員会」で、

本人の口から公表されたようですが、真偽は不明です…

 

http://youtu.be/MUocZMn_T1I

 

なにわともあれ、今はただたかじんさんのご冥福をお祈りするばかりです。

天国でもあの頭のキレの早さ毒舌っぷりを発揮するのだろうな…と。


スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">